苦手を克服するために

2019/01/17 ブログ
ロゴ

苦手な事は誰でもありますよね?

教室に通っているA君は見取算が苦手です。

正答率はいいのですが、題数が伸びない

本人もどうせ出来ないし…とマイナスの言葉が…

 

そこで現在1問ずつのラップタイムを計って

15問を何分でできるか、どれだけタイムを

縮められるかに挑戦しています。

ただ決まった時間を計るより、この生徒には合っているようで

よ~し次こそ!!と頑張れるようです。

 

時間がかかると思われがちですが、急がば回れ!

着実にがついてきています。

この練習を始めてから、かけ算・わり算の点数も伸びてきました。

更に、どのような問題の時に時間がかかるのかもわかってきたので

その部分を強化していくことで、A君の苦手が1つ減り

結果、見取算の点数も伸びていくはずです。

 

A君だけじゃなく、それぞれに合ったやり方で

苦手を得意に変えていければ…と強く思います。